Aonuma Group

青沼 仁志

Hitoshi AONUMA, D. Sci.


北海道大学・電子科学研究所附属社会創造数学研究センター

 (Research Center of Mathematics for Social Creativity, Research Institute for Electronic Science, Hokkaido University)

北海道大学・大学院・生命科学院生命システム科学コース

 (Biosystem Science Course, Graduate School of Life Science)


独立行政法人科学技術振興機構, CREST

(Japan Science and Technology Agency (JST), CREST)


私たちは,適応的な行動が実時間で実現される脳機能の解明をめざしています.神経細胞が相互に信号をやり取りする神経回路網は,どの様にして感覚信号の中から情報を抽出し,記憶と照合し,運動系を制御する信号を生成するのだろうか? 私たちは,神経細胞から脳を組み立てる設計原理を明らかにするため,神経細胞の数が少なく構造も簡単な昆虫の神経系について,分子神経生物学,神経生理学及びニューロロボティクスなど手法を使い総合的に研究を進めています.


神経行動学の新たな展開 - Synthetic Neuroethology -

 刻一刻と変化する環境は、適応的な行動を発現する重要な要因である。動物は周囲の環境から様々な刺激を受容し知覚します.ところが,知覚される環境は、動物の種の違いや同種であっても個体がおかれている状況に応じて異なる意味をもち,行動主体の行動の発現を拘束します.また,普遍的な環境である時間や空間ですら,行動する主体や状況に応じて異なって知覚されます.何が“知覚”を変え,行動を変えるのか,その基盤には何があるのか?環境知覚と行動の関連を解明するためには,行動主体にとっての環境の意味をまず理解する必要があります.そして,知覚された情報が脳でどのように処理され行動の発現につながるのかをシステム的に理解する必要があります.

 従来の要素分析的に積み上げるボトムアップ的なアプローチによる分子・細胞・神経回路網・行動といった各階層における詳細な実験結果にもとづいて動的システムモデルを構築し,その計算機シミュレーションを行うことで,適応行動の発現を司る脳・神経系の構造と機能についてシステム的に理解する研究を進めています.

無脊椎動物脳プラットフォーム -Neuroinfomatics-

移動知 -Mobiligence-

© Hitoshi AONUMA 2017