CT scan

X線マイクロCTを使うことで非破壊で生物の内部構造を3次元観察することが可能です.


© Hitoshi AONUMA 2017